スルメニウム

私の100日を2500万で買ってください

スルメニウムのエロ漫画「私の100日を2500万で買ってください。」のあらすじ、ネタバレ、感想、画像を紹介。

100日間身体を売る女の子が…

⇒ 私の100日を2500万で買ってくださいを読む

寝取られ+調教ものが好きな人におすすめ!

水瀬夏希、1○歳。○校1年。身長156cm、体重46kg。スリーサイズは上から、90、56、91。

彼氏の聡太とエッチをし終わった後、夏希のスマホに電話がかかってくる。

電話の相手は、サクラファイナンス。

サクラファイナンスは買い手が見つかったと言い、19時に池島駅前のカフェに来るように夏希に伝えた。

カフェに行くとサクラファイナンスに金多さんを紹介され、契約満了日まで金多さんのすべての要求に従えと言われる夏希。

金多は夏希をホテルに連れて行き、身体を触り、キスをする金多。

そして、夏希のパンツの中に手を入れ、おま○こをいじりだす。

金多の激しい手マンに喘ぎ声が漏れる夏希。手マンで3回もイッてしまう。

金多は勃起したチ○ポを夏希の前に出し、ゴムなしで夏希のおま○こに挿入。

「あ♥んっ♥あっ♥」

奥までチ○ポを入れられ、感じる夏希。

そして、最後はおま○こに射精される。

金多と夏希がホテルから出ようとした時に彼氏の聡太にバッタリ会う。

夏希は聡太に親の借金のために金多に買われたと告白。

聡太は夏希が買われたことを納得し、夏希を慰める。

夏希が金多に買われて14日目、夏希は初め嫌がっていたキスも自らするようになり、金多の性欲道具にだんだんとなりつつあった。

その後も金多に調教され続けていく夏希。

Gスポットを開発され、ポルチオ開発され、すっかり金多に調教されてしまった夏希。

ついにア○ル処女も金多に奪われてしまう。

100日目、身体を完全に奪われた夏希は…。

感想

「私の100日を2500万で買ってください。」というタイトルから期待して購入しましたが、期待どうりの作品でした。

100日で2500万は安いのか高いのか分かりませんが、お金持ちならたいした額じゃないかもしれませんね。

しかし、若い女の子を100日間思いどうりにできるので安いかもしれません。

金多に調教され、完全にメス化された夏希がエロ過ぎでしたね。

個人的にはア○ル開発が良かったです。